Featured Posts

​ SAKE facilitator &

self-styled  SASEBO ambassador

MATYARU's  Blog

フィンランドじゃないよフィランド夢名酒、ロンドンサケチャレンジ金賞受賞! 受賞までの経緯を語る。

 

日本酒の BAR を開店するきっかけとなった日本酒、

それがフィランド夢名酒でした。
口に含んだ瞬間、

ん〜〜〜〜〜〜〜!!

と思わず唸りました!!!

想定外すぎる爽やかな酸味と甘み。

 

完全に、

究極の甘口のフルーツワインという

印象のお酒でした。

そのフィランドは

息子さんが宮城の浦霞で武者修行から

わずか2年でさらに劇的に美味しくなっていました。

わたしの生まれ故郷でもある、平戸のお酒。

そんな故郷のお酒を、

これからの長崎の日本酒業界を担う酒蔵を応援したい。

そんな思いで、

ずっと日本酒ビギナーにゴリ推ししていた日本酒でした。

何人の方が感動して蔵に直接いったか、わかりません。

 

 

ロンドン酒チャレンジとは??
 

 

 

なぜ、ロンドンなのか?

 


それは簡単にいうと、

日本酒の新しい価値観を世界基準でつくっていくためです。


ヨーロッパの中でも、

特にロンドンは日本酒に興味を持つ方が多いといいます。
 

なにせ、ヨーロッパ圏において

最古の日本酒品評会の開催地がロンドンだから。
 

会場の中では張り詰めた空気の中で
 

28名の国際ソムリエがコンディションを万全に整え、
ブラインド(商品がなにかわからず提供)で

数多くの日本酒の
香り、味わい、余韻、印象などを

研ぎ澄まされた感性で評価していきます。

 

受賞の種類は三つ。

プラチナ、金、銀。

 

いずれに受賞しても大変、大きなハクをつけることができます。

なぜならば、国際的な権威ある酒ソムリエが集結するこの品評会には
ヨーロッパ最大の首都、ロンドンの情報は海外のメディアにも繋がっているからです。

日本国外、そしてロンドンで開催している理由はそこ。

 

ある意味、日本酒の海外市場では
聖地みたいな場所であるわけでございます。

そこで金賞をとった森酒造場のフィランド夢名酒はこれから大きな飛躍を遂げるでしょう。


 


 

杜氏について

 

 

森雄太郎さん(29)は

生まれながらにして酒蔵の跡取りとしての自覚をもち、
高校卒業後はすぐ、広島の種類総合研究所にて酒造りの基礎を学ぶことを決意。

 

さらにその卒業後はご縁があり、東北では最も知名度のある酒蔵のひとつ、

宮城の浦霞醸造元で三年間の武者修行を積む。

 

森酒造場は日本国内の日本酒シェアが純米に変わっていったが

地元の消費を優先していたために

普通酒クラスの生産が圧倒的なシェアを占めていました。

 

市場のニーズにあうお酒を作る環境がなかったのです。

この危機感を感じた森さんは

急いで平戸に帰省し、酒蔵の再建を測りました。

 

森さんが帰ってきてからというものの

酒蔵の変革はすごかった。

私自身も日本酒を深く学ぶために、

足繁くこの酒蔵に通ったのだが


行くたびに設備がガラリと姿を変えていた。

不必要と思ったものは迷わず処分していた。

整理整頓され、整然とした最新鋭の設備が並ぶ
酒蔵へ

2年という短い期間で変革を起こしたのです。

そんな森さんの行動力、決断力は感動を覚えるほどのものでした。


 

 

未来へ

 

 

 

 

森さんが酒造りをしているのは

自分のためだけではありません。


平戸という西の最果ての地のPRもしたいという思いがあります。

 

わたしはそこのビジョンに共感し、応援しています。

このフィランドの日本酒に使っているお米も

 

世界遺産になった春日の棚田でつくられたお米を使っています。

棚田は大量生産には不向きです。

 

しかし、日本酒におけるお米にとっては

寒暖の差が激しく、

高低差のある土地が望ましいのです。

 

また、すぐ上には

安満岳という標高の高い山があり、

そこからの清らかな水がこの田んぼへ命を吹き込みます。

ここの田んぼでとれたおにぎりもすごく美味しかったな。

 

上は一緒に稲刈りをした時の写真。

 

終わりがき

 

 

 

いかがだったでしょうか。
長崎県、そして九州全土では焼酎のイメージが強く、

日本酒というとあまり、知名度がなく

美味しくないなんてイメージを持つ方も

おおく見受けられますが

全然、そんなことありません。

 

今回の受賞はある意味、

わたし自身の感覚も認められた気がして嬉しかったです。

 

フィランドは全国的に見ても超ハイクオリティーの低アルコールの日本酒。

そして、圧倒的にビギナー受けします。

 

自信を持って長崎にもこんな美味しい日本酒が

あるんだといいたい。

 

長崎の酒蔵は他にも若手へと世代交代し、

今、新しい取り組みが行われていますし
受賞も数多くしています。

 

私は声を大にしていいたい。

 

東北、新潟の日本酒が美味しいというイメージはわかります。

しかしながら、その先入観は一回捨てて飲んで欲しい。

 

驚くほどに、美味しくて全国的にみてもクオリティーが高いものもあるんです。

 

ぜひ、先入観をなくして味わっていただきたい。

 

 

 

 

あ、最後の最後に!!

お客様もよく勘違いされるんですが
フィンランドじゃないですよ!

 

フィランドです。

 

これはポルトガルの方達が平戸のことを

ひらどと発音できず、フィランドと発音していたからです。

 

だからフィランドというのは平戸という意味です。 

  


ジャパネットの高田社長にものんでいただきたいな〜〜

 


 

★記事動画ブログなど投稿元 長崎県佐世保唯一の日本酒専門バー  Time(タイム)


https://www.sakebarsasebo.com/

 

★一番更新するフェイスブック 

https://www.facebook.com/sakebarsasebo/

 

★酒と肴の写真、インスタグラム 

https://www.instagram.com/sakebarsasebo/

 

★全ての情報を網羅する、ツイッター  

https://twitter.com/Sakebarsasebo

 

★ノウハウだけを集約した、はてなブログ。

https://sakebarsasebo.hatenablog.com/

 

★日々の気づきや濃い情報を発信するアメーバブログ。

https://ameblo.jp/sakebarsasebo0311/

 

★動画でわかりやすく、楽しく、日本酒Youtunberはじめました! 

 

https://www.youtube.com/channel/UCqMDmB-AcFAszxUmGPI6kxA

 

★プロフィール★

 

長崎県の佐世保市で日本酒専門のバー、タイムというお店を経営しています。

全国津々浦々の日本酒たちを取り扱い、年間4000近くの日本酒を味わい、また自らも酒造り、米造りを体験し、日本酒の奥深さ、魅力に取り憑かれています。

その体験をもっと、多くの方に伝えたい。

用語や知識を羅列したような記事ではなく、

自らの体験談を基にした本当に価値のある日本酒の魅力を発信していくことに勝手に使命感を感じYOUTUBE、日本酒エンジョイチャンネルやノウハウのはてなブログをはじめました。

 

お店の近況は各種SNSや、ディープな内容はYOUTUBE、
アメブロ、はてなブログにて配信しています。

 

日本人なら日本酒!!皆様の幸せな人生に日本の文化、日本酒がそばにありますように





 

Please reload

Please reload

Please reload