Featured Posts

​ SAKE facilitator &

self-styled  SASEBO ambassador

MATYARU's  Blog

本当に美味しい日本酒を飲むときは名前で酒を飲まない。六十余州今里酒造蔵開き情報あり

六十余州の限定商品、純米吟醸雄町が入荷しました


六十余州だったら飲んだことあるからいいよ、甘いし…
そんな声が聞こえて来そうですが
もし、
このブログを見てくださっているあなたが、本当に美味しいお酒を飲みたいと言う事であれば是非ともこのブログを最後まで読んで見てください。

なお、表現や説明については私が経験した上での話をしますので専門的には違うことも御座いますのでご了承ください

 

日本酒はなんと全国に15000種類程のお酒があり、現在1500もの蔵元があると言われています。
ということは、同じ蔵元でも平均10種類は同じ会社でお酒を仕込んでいるということになります。
 

日本酒業界の分かりづらい点なのですが、今回紹介する六十余州を例に挙げますと、
六十余州というお酒でもゆうに10種以上のお酒を仕込んでおられて、
とてもリーズナブルな普段飲みのお酒から、手間暇かけて丹精込めて仕込んだ高級なお酒まで幅広くお酒を仕込んでいるのです。

 

そして、味わいも千差万別。

日本酒は僅かな製法の違いでまったく違う味わいに仕上がりになります。
 

原料は、米と水と、米麹。
これをろ過したものが日本酒という定義です。

栄養素も700種類以上!!と言われ世界一栄養があるアルコールと言われています。
 

だから、日本酒というのはとても深いのです。

原料の米、各土地のお水。
そして、これらを劇的に変化させているのが微生物の酵母菌。

しかし、これがまた日本酒をとっつきにくく、難しくしている点です。
 

ですから、本当に美味しい日本酒を飲もうとした時は詳しい方に教えてもらいながら日本酒を飲んでください。
 

本当に美味しい日本酒と巡りあったとき、とても深い充実感に満たされ、
食との組み合わせではこの上ない幸福感を感じる事ができます。
 

なお、
今週末は六十余州の今里酒造で蔵開きがございますが、
蔵開きでは搾りたての超絶フレッシュなお酒が呑めます。
蔵開きとは→蔵開きとは…あらためて知るブログ

この搾りたてのお酒の味わいは市販品とは比べものにならない味わいです。
 

なお、搾りたてのお酒は購入も出来ますが、正午にはなくなっている可能性がありますので、早めに行って見てください。

今回の目玉のお酒はこちら
 

 


 


腰の曲がったおばあちゃんが背中シャキーン!今里酒造蔵開きの餅まき様子動画→意外と激しい今里酒造の餅まきの様子

今里酒造の蔵開き詳細→ 
シャトルバスあります

 

 


日本観光協会の今里酒造蔵開きの案内


#日本酒BAR『TIME』#美味しい日本酒#蔵開き#六十余州#今里酒造#シャトルバス#佐世保観光
 

Please reload

Please reload

Please reload